トップページへ戻る
医院紹介
ドクター・スタッフ紹介
院内ツアー
設備紹介
交通アクセス
お問い合わせ

歯周病治療

歯周病治療

2015年スウェーデン歯周病予防、治療プライベートレクチャー

三橋歯科医院は、歯科先進国であるスウェーデンの歯周病予防、治療を導入して、6年経過しました。

定期健診、むし歯予防&治療、歯周病予防&治療で多くの患者さんがご来院されています。

当院は、たくさんの論文を読み、研修を繰り返しています。

地域で口腔内でお悩みの方がいなくなるようスタッフ一同と今日も頑張っています。

三橋歯科医院は、歯科先進国スウェーデンの歯周病予防、治療導入医院です。

2011年、2013年1週間程、スウェーデンのイエテボリ大学に歯周病治療、歯周病予防の勉強に行ってきました。

2010年ではむし歯治療、むし歯予防の勉強でも1週間ほど訪れた事もあります。

1度でなく何回も勉強をし、継続することは大切です。

市原市で歯周病で困っている方を減らします。

実際に、今まで炎症があった方は腫れなくなってきましたし、歯周病が完治した方が多く、効果が出ています。

ただ単に歯石をとるだけが歯周病治療ではないです。

いかにその歯が長持ちするか、治療計画をたてるのに根拠に基づいて医療を提供する事が大切です。

また、最新な考え方、治療方法を学びにこのスウェーデンに勉強に訪れたいと思います。

研究に基づいての治療、すばらしいですね。

2012年イタリアにて歯周病、インプラント治療海外研修終了

2012年5月

 

歯周病治療で世界で著名な先生方のクリニックで1週間程お世話になりました。

 

歯周病とインプラント治療について勉強してきました。

 

世界のレベルはすごいです。

 

歯をなるべく抜きたくないと思っている方はご相談下さい。

 

歯周病とは

歯周病とは

歯周病は、歯肉(歯ぐき)や歯槽骨などが炎症により破壊されてしまう病気で、成人の約80%以上の方がかかっていると言われています。また、症状を自覚しにくいので、気づいたときには重症化しているというケースもあり、歯を失う場合もあります。

歯周病治療は、溝の深さを測り、溝の中にある歯石や汚れを取り除くことが中心になります


定期健診で歯周病予防

正しいブラッシングと歯周病にかかりにくい生活習慣を心がけることで病気は予防できます。早期発見、早期治療により進行を止めることもできます。
いつまでもきれいな歯と歯ぐきで、美味しい物をおいしく食べ、健康で楽しい人生を送るため定期的に検診をしましょう。検診では正しくブラッシングが行われているか、歯周病は進行していないかをチェックします。

歯周病予防

一般的な歯周病治療の流れ

  1. プラークコントロール(プラーク除去)→これがとても大切です。
  2. 歯石の除去および、病的歯根面の清掃
  3. 歯周ポケット掻爬
  4. 歯周外科手術(重度の場合は自費治療となります)
  5. 保存不可能な場合は抜歯し、義歯などを入れる

SC(スケーリング)

歯や歯茎の間に付着したプラーク(歯垢)や歯石の除去を行います。
状態によってハンドスケーラーや超音波スケーラーを使い分け除去します。
(女性の衛生士が歯周病予防をしております)

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)

手用の器具および超音波スケーラーを使い、歯の根についている歯石および細菌叢(バイオフィルム)を除去します。
(女性の衛生士が歯周病予防をしております)

FOP(フラップオペレーション)

歯周病の進行が進み、歯周ポケットに溜まった歯石を外部から取り除くには限界があるため、歯肉を切開して行う治療です。


上記の歯周外科治療は、重度歯周病の患者さんに必要な治療です。

重度の歯周病の治療方法

エムドゲインゲルは、赤ちゃんの時の歯の発生過程の研究から生まれた歯周病患者さんのための新しいブタ歯胚組織使用歯周組織再生用材料です。 比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができます。しかし、炎症が歯肉の奥まで進行し、 歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術(歯周外科手術)が必要となります。この手術の際に、歯周組織再生用材料という手術治療を補助するための、歯科用の材料が使われることがあります。

エムドゲインゲルとは?

歯周病が進行してしまった場合、歯周組織を再生させる、再生療法を行うことがあります。

エムドゲインゲルは、スウェーデンのビオラ社で開発された新しいブタ歯胚組織使用歯周組織再生用材料です。エムドゲインゲルの主成分(エナメルマトリックスデリバティブ)は、子供の頃、歯が生えてくる時に重要な働きをするたん白質の一種です。 現在の科学水準に基づく高い安全性確保の下、幼若ブタの歯胚から抽出精製したもので、2008年5月現在、世界44ヵ国で使用されています。

エムドゲインゲルを使った治療方法について

手術の前に

歯周組織の状態を調べるために、歯周ポケットの深さを計ったり、レントゲンを撮ったり、その他治療に必要な検査を行います(図1)。
エムドゲインゲルを使った治療を行えるかどうかは、歯周病の程度や患者さんの健康状態によっても異なりますので、担当医とよく相談して下さい。

歯周外科手術

手術は麻酔をかけて行います。まず最初に治療する部分の歯肉を切開し、剥離します。
(図 2~3)。次に歯根表面の清掃を行い(図4)、エムドゲインゲルを塗布します(図5)。
最後に切開した歯肉部分を縫合し、(図6)手術は終了です。手術にかかる時間は約1時間前後で、 手術後、しばらく休んでいただいた後は帰宅できます。抜糸は手術日から2~6週間後に行います。

歯周外科手術

手術後の注意点

  • 手術創は速やかに治癒しますが、手術部分の歯みがき等は担当医の指示に従って下さい。また、指や舌で手術部分を触らないで下さい。
  • 手術後の感染を防ぐために、術後3~6週間は、消毒薬で口の中をよく洗浄するようにします。抗生物質が処方された場合は、担当医の指示に従って服用して下さい

定期的な受診について

機能的な歯周組織を取り戻すまでには、数ヵ月から1年程度かかります。歯周組織が再生する期間、および程度は個人差があり、歯周病の進行具合によっても異なります。術後のスケジュールの詳細も患者さんによって異なりますので、 担当医の指示に従い、必ず定期的な検査を受けるようにして下さい。

 

治療が終了した後も、口の中の衛生状態を担当医に定期的に検査してもらうことをおすすめします。 歯周病を再発させないためには、歯や歯の周りをいつも清潔に保つことが大切です。 担当医と相談しながら、いつまでも自分の歯を大切にして下さい。

定期的な受診について