トップページへ戻る
医院紹介
ドクター・スタッフ紹介
院内ツアー
設備紹介
交通アクセス
お問い合わせ

世界基準の滅菌を行っています。

三橋歯科医院の感染対策について

 

三橋歯科医院では、新型コロナウィルスの問題が出る以前から感染対策は常に行っています。

 

以下の感染対策を行っています。

 

①三橋歯科医院では、感染対策がとても厳しいヨーロッパの世界基準の滅菌器・滅菌システムを導入しています。

 三橋歯科医院設備紹介(ヨーロッパ基準滅菌器)参照

        ↓

   https://www.mitsuhashi-shika.net/%E8%A8%AD%E5%82%99%E7%B4%B9%E4%BB%8B

②患者さんには、入り口でアルコール消毒をして頂いています。患者さん出入り口のアルコール消毒液の設置。

③患者さん毎の手洗いを徹底しています。院長、スタッフもアルコール消毒を徹底しています。

④ブルーエアーという世界基準No.1、浮遊ウィルスを除去する空気清浄機を導入しています。

⑤受付では、会計時お金を触ったあとは、次亜塩素酸水で消毒を行っています。

⑥当たり前ですが、患者さん用のエプロン、コップは使い捨てにし患者さん毎に廃棄しています。

⑦当たり前ですが、治療器具は、患者さん毎に交換し、消毒滅菌しています。

⑧診療台(ユニット)は、患者さん毎に消毒しています。座る所は消毒して拭く、ゆすぐところは次亜塩素酸で消毒。

⑨ドアノブとソファー等の消毒液による清拭。

⑩歯科医師、歯科衛生士、受付、スタッフのマスクの着用。

⑪朝、歯科医師、スタッフ一同、検温してから仕事を行っています。

⑫診療台は、余裕を持った設計となっているため、密集していません。

⑬しっかり換気を行っています。

⑭常に清潔にするためにクリーンキーパーが働いています。

⑮患者さんには、ご来院された時点で検温をさせて頂いています。

⑯少しでも体調不良である患者さんには、ご変更させて頂いております。

⑰事前に三橋歯科医院で作製したプロトコールに記入してもらい問題がなければ診療を行っています。

 問題があれば、ご変更させて頂いております。

⑱患者さんのご変更をさせて頂き、1日の予約の患者さんを減らし、患者さんと患者さんの予約の間隔をあけることにより、感染対策を行っています。

⑲セミナー、歯科学会、勉強会、スタディーグループ、業者さんとの打ち合わせなどは、オンラインまたは動画で受け、医療の更新を行っています。遠出は、歯科医師だけでなく、スタッフも自粛しています。

 

これから受診される患者さんで以下の方は、お電話にて問い合わせして下さい。

・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。

 (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

・2週間以内に海外渡航のある方

 

新型コロナウィルス感染症対策のために全てのスタッフにマスク着用を義務付けております。

 

※感染対策は、治療でも同じことが言えます。

 当院では、根の治療では、ラバーダムを使用しています。

 治療後、20年くらい経過してきますと再感染してまた再治療となってしまいます。

 再治療となりずらいようにラバーダムは、重要です。

 今行っている治療がまた再治療とならないためには感染対策が必要です。

ご来院時からの感染対策

①患者さん全員にアルコール消毒をして頂いています。(待合室入り口に設置)

スタッフもしています。(治療室に設置)

②三橋歯科医院でのプロトコールへの記入をして頂いています。

いくつかの質問があり、問題がこの時点である場合、延期させて頂きます。

③待合室、治療室、予防室は、広い空間となっています。換気をまめに、ブルーエアー空気清浄機を設置しています。

現在は、待合室の本とキッズコーナーの設置はしていません。

④患者さん全員に検温させて頂いております。

三橋歯科医院での感染対策

①受付、待合室ソファーは、次亜塩素酸水で吹いています。

②全てのドアノブは、次亜塩素酸水で吹いています。

③患者さんごとにユニットをユニット専用の消毒液で吹いています。

④患者さんごとにスピットンを次亜塩素酸で吹いています。

⑤口腔外バキュームでお水を吸っています。

⑥タービンなどの切削器具は、毎回患者さんごとに滅菌しています。

グローブは、患者さんごとにかえています。

根の治療には、ラバーダムを使用し、感染対策を行っています。

あとの対策は、上記のことを行っています。

三橋歯科医院における新型コロナウイルス感染対策強化について

三橋歯科医院の新型コロナウイルスへの対策

患者さんへの対応、スタッフへの配慮について

 

新型コロナウイルス感染拡大防止および「緊急事態宣言」の発令に伴い三橋歯科医院では、診療体制を縮小する対応をさせて頂いております。

 

患者さん、スタッフの感染予防対策として、三橋歯科医院では、予防歯科、定期健診などの急を要さない患者さんの予約は延期することにしました。

それにより、患者さんの予約の間隔をあけることにより患者さんの安全を配慮しました。

 

また、スタッフのお休みを増やすことで患者さんだけでなく医療従事者であるスタッフの安全と健康を第一に考えました。

 

緊急事態宣言期間である5月6日(水)まで休業も考えましたが、お痛みの患者さんやお困りの患者さんもいらっしゃると思いますので、クリニックをあけることとしました。

最小限、最低限のスタッフの数で頑張ります。

 

患者さん、スタッフの安全、健康を第一に考え、今後もスタッフ一同と力を合わせて頑張って行きます。

 

最小限のスタッフ数でも最大限の良い医療を発揮するようにみんなで力を合わせて頑張ります!

 

こういう時こそ、こつこつと日々の医療のトレーニングをしてきた三橋歯科医院のチームの力を発揮します!

 

皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解とご協力のほど宜しくお願い致します。

 

今後とも宜しくお願い致します。

 

三橋歯科医院院長

 

三橋裕

 

2020年4月11日

エアロゾル感染対策をしています

最近、テレビで歯科医院でのエアロゾルの問題が出ています。

これは新型コロナウイルスの問題以前からも問題として出ていました。

三橋歯科医院では、このエアロゾルの感染対策を強化しています。

世界基準の滅菌の研修

2020年2月19日(水)

 

世界基準の滅菌を勉強をするために、愛知県まで見学に行ってきました。

新型コロナウイルス騒動以前から三橋歯科医院では、滅菌、消毒にこだわっています。